PLANETS CLUB

3,980〜4,980円/月
参加人数714名 (残り18名)
  • 過去7日間:+8名,
  • 過去30日間:-11名
評判まだ評価がありません - 件
ランキング
PLANETS CLUB
PLANETS CLUBは「遅いインターネット計画」などを手掛ける宇野常寛の読者コミュニティです。宇野の発信スキルを読者と共有する講座をはじめとする数々の勉強会やイベントにオンライン/オフライン双方で参加できます。しっかり読んで、しっかり書くことを学ぶサードプレイスを目指しています。
PLANETSPLANETS

関連キーワード

目次

口コミ・評判


このオンラインサロンの口コミは、まだありません。

サロン紹介

PLANETS CLUBは、参加者の「書く」スキルとリテラシーを育むワークショップをはじめとする学びのコミュニティーです。

〈3つの参加特典〉

その1.  PLANETS編集長・宇野常寛から〈発信する〉ことについてのノウハウを学べます

評論家・PLANETS編集長の宇野常寛がこれまで身につけてきた〈発信する〉ことについてのノウハウを共有する限定講座「PLANETS School」を受講できます。10月は「一冊『本』を書く」ために必要な思考法を学びます。「本」をまとめるという体験がどんな意味をもたらすのか、これまで様々な本を書き上げてきたPLANETS編集長の宇野常寛がたっぷり教えます!詳しくはこちら。
※PLANETS Schoolについては、開校にあたり宇野常寛が執筆した「書くこと」から「読むこと」へさかのぼる も合わせてご覧ください。
▼カリキュラム(予定)
原則、講座は翌月末まで視聴いただけます。なお、本開講前に行ったプレ講座「#00 今なぜ書く能力が必要か / 書くために必要な能力とは」は無期限でご視聴いただけます。※アーカイブが終了した講座の視聴方法は別途、会員限定で案内しています。詳しくはこちらをご覧ください。
さらに本講座に加え、会員からの課題文を宇野常寛が添削・生解説する添削講座も開講しています。なお、これまでの応募作品の一部はこちらからご覧いただけます。※添削編のアーカイブ動画の配信期限はなく、いつでもご視聴いただけます。

その2. 1000本以上のオリジナル記事や動画が見放題です

〈10月の動画ラインナップ〉
週に一度の学びの場として開催しているイベント「遅いインターネット会議」へ無料で参加できます。「遅いインターネット会議」では、政治からサブカルチャーまで、ビジネスからアートまでさまざまな分野の講師を招き、参加者と共に考える場を構築していきます。
▼10月はこちらの方々をお招きします!
・矢島里佳(株式会社和える 代表取締役)
・宮田裕章(慶応義塾大学 医学部教授)
・山口真一(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授)
各回の詳細はこちらから
※現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、イベントから動画配信へ開催形式を変更しています。
▼これまで開催してきた500を超えるオリジナル動画も配信中です。
9月
・withコロナの時代に教育はどう変わるのか(藤川大祐)
・文化現象としてのBLM(柴那典×藤えりか)
・都市の未来を(コロナ禍を通して)考える(門脇耕三×齋藤精一×南後由和)
8月
・思想としての発酵/発酵する思考(小倉ヒラク)
・「広告がなくなる日」はいつ訪れるのか?(牧野圭太)
・多様化する〈幸福〉とテクノロジー(矢野和男)
7月
・YouTubeとNetflixは世界をどう変えるのか(明石ガクト)
・三権分立のパワーバランスはいかに再設定されるべきか(倉持麟太郎×玉木雄一郎)
・現象としての保守とインターネット(石戸諭)
6月・ 「2020年以降」の経済と、個人の生存戦略(山口揚平)
・予防医学者の考えるコロナ危機から学ぶべきこと(石川善樹)
・1年延期になったオリンピックについて、もう一度だけ考え直す(乙武洋匡)
5月・いま(だからこそ)世界には「KAWAII」が必要だ(増田セバスチャン)
・ワークスタイルから社会を変える(坂本崇博×新野俊幸)
・憲法再論(石破茂×山尾志桜里)
4月・物語思考と2020年代のインターネットの行方(古川健介)
・『中国化する日本』はどこで間違えたのか?(與那覇潤)
・世界に対して〈拡張現実的であること〉の意味(川田十夢)
3月・シン・ニホンから風の谷へ(安宅和人)
・10回目の3.11の前の日に「復興」とは何かを問い直す(開沼博×福嶋亮大)
・2020年代の文化地図とクリエイティブの条件(佐渡島庸平×箕輪厚介)
この他にもアカデミシャン、批評家、アーティスト 、企業家など豪華ラインナップのゲストをお招きしてきました。動画の冒頭はYoutubeにて無料公開していますので、こちらもご覧ください。
〈10月の記事ラインナップ〉
独自の角度と既存メディアにはできない深度で、読むと世界の見え方が変わる記事を月に20本以上配信しています。これに加えて、過去にお届けした連載記事や宇野常寛による評論やエッセイも読み放題です。
10月は、株式会社日立製作所フェローで未来投資本部 ハピネスプロジェクトリーダーの矢野和男さん、千葉大学教育学部教授の藤川大祐さん、音楽ジャーナリストの柴那典さん、朝日新聞記者の藤えりかさんにご登壇いただいたイベントの書き起こし記事や、落合陽一さんの新連載『マタギドライヴ』など多岐にわたる記事もお届け予定です。

その3. クラブメンバー限定のイベントに参加できます!

ランニングイベントや読書会、教育や子育てに関する勉強会など、「遅いインターネット」計画に賛同するメンバーによるオンライン/オフライン企画に参加できます。これまで実施した企画の一部はこのページのアクティビティからご覧いただけます。

初めてご参加いただいた方には、お好きなPLANETS刊行書籍を1冊プレゼントします。

〈対象書籍〉『人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界』『PLANETS vol.10』『PLANETS vol.9』『PLANETS vol.8』『夏休みの終わりに』『現代アニメ「超」講義』『ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景』『デジタルネイチャー』『現役官僚の滞英日記』『カーデザインは未来を描く』 『ドラがたり』 『魔法の世紀』
各書籍の詳しい情報はこちら

▼宇野常寛プロフィール

評論家。1978年生。批評誌〈PLANETS〉編集長。著書に『遅いインターネット』(幻冬舎)、『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』(朝日新聞出版)。共著に石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)、『静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話』(河出書房新社)など。立教大学兼任講師。

▼PLANETSについて

宇野常寛が主宰する企画ユニットです。雑誌、書籍の出版を中心に、メールマガジン、インターネット生放送、トークイベントの開催など様々な活動を行っています。詳細はこちら
*各種リンク-Twitter @PLANETS_10-Facebook-ニコニコ動画内「PLANETSチャンネル」(テキスト、生放送、動画アーカイブ)-PLANETS note(テキスト)-PLANETS YouTubeチャンネル(生放送、動画アーカイブ)-PLANETS CLUB note(PLANETS CLUBのクラブ活動報告)-PLANETS公式オンラインストア(書籍の販売)-遅いインターネット(ウェブマガジン)
▼注意事項
・本ファンクラブ内でのお知らせや動画・記事コンテンツ等はFacebookグループにて発信いたします。Facebookグループにご参加頂けなかった場合、お知らせや動画・記事コンテンツ等を見れないことがございますので、できるだけご参加をお願いいたします。
・本ファンクラブ内の情報や、オーナーが発信する内容について、外部へ漏洩することを禁止致します。(口外、SNSなど)・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。 利用規約はこちら

料金・プラン

※学生限定枠です。学生証の提示が必要となります
■Facebookの非公開グループに参加できます。
■「発信できる人になる講座」などイベントに参加できます(動画配信、アーカイブあり)。
■PLANETSのメルマガや動画配信のアーカイブがほぼ全部あります(地味にデカい)。
■宇野がすごく喜びます。
※詳細はプロジェクトページ本文をご覧ください。
3,980円/月
65名 (残り7名)
■Facebookの非公開グループに参加できます。
■「発信できる人になる講座」などイベントに参加できます(動画配信、アーカイブあり)。
■PLANETSのメルマガや動画配信のアーカイブがほぼ全部あります(地味にデカい)。
■宇野がすごく喜びます。
※詳細はプロジェクトページ本文をご覧ください。
4,980円/月
478名 (残り11名)

プロフィール

PLANETS PLANETS

評論家・宇野常寛主宰の企画ユニット「PLANETS」公式アカウントです。

ランキング一覧

おすすめのオンラインサロン・特集

サロン掲載依頼はコチラ(無料)

人気の検索キーワード

デイリーランキング(参加人数順)