メモ魔塾

980〜5,980円/月
参加人数121名
  • 過去7日間:0名,
  • 過去30日間:-5名
評判3.01件
ランキング
メモ魔塾
2019年度最も売れたビジネス書『メモの魔力』の有料会員制コミュニティです。著者である前田裕二(SHOWROOM代表)が実践するメモのノウハウを活用し、夢を叶えるため、生活を豊かにするための学び舎。ビジョンは「世界一強くて優しいオンラインサロン」。あなたもメモ魔塾を活用して夢を実現しましょう!
memomajyukumemomajyuku

目次

口コミ・評判


ここ投稿日:2021年5月31日
参加期間:2021年5月頃 〜 投稿時点は継続中
投稿はそこまで多くないですが、年の始まりなど節目での投稿があり、優しい口調やわかりやすい説明がとてもありがたいです。
ただ、本を購入したついでで入っていることも多く、コミュニティとしてあまり機能していないようにも思います。

サロン紹介

▼メモ魔塾とは・・・

メモ魔塾は前田裕二が主宰するオンラインサロン。著書『メモの魔力』を中心に繋がるコミュニティとして、2019年12月31日に立ち上がりました。
前田裕二 / 著「メモの魔力」
『メモの魔力』購入者を対象とし、設立から1年足らずで12000人以上の会員が集まり、急成長を遂げています。この「影響力の時代」においてメモ魔塾が目指していることがあります。それは、【社会における塾生1人ひとりの影響力を引き上げること】です。(例:SNSのフォロワー増、塾外で仕事や活動ボリューム増など)このように、強い発信力を持つコミュニティを目指していきます。

▼メモ魔塾の活動

メモ魔塾はサロンオーナーである前田裕二(以下、前田塾長)に魅かれた人が多く、優しさに溢れながらも自己成長を貪欲に求めているのが特徴的です。サロンメンバー(以下、塾生)は日々、積極的に活動をしています。メモ魔塾内にて開催されるイベントに自由参加できることはもちろん、塾生自身が企画することもできます。1万人越のコミュニティのなかでプロジェクトメンバーになり、イベントを全力で盛り上げていく、という非日常体験を得ることもできます。
◉社会人にとっては、ある種、学生時代の文化祭をやり直している感覚を思い出す場
◉学生にとっては、社会人とも接点を持つきっかけになり、様々なことを学べる場このように、必ずしも「メモが大好き」でなくとも、自己成長のために切磋琢磨できる仲間や、挑戦に向けた同志を見つけたい方には、うってつけのサロンとなっています。
【過去事例】
①ニッポン放送「前田裕二のゼロイチ」の番組バナーデザイン 
前田裕二のゼロイチ 番組バナーのデザイン
②テレビ東京「勝手屋本舗」での熊本県人吉市の老舗うなぎ屋の復興ボランティアへの参加 など
【過去開催イベント】
① オンラインイベント「メモ魔フェス」コロナ禍でリアルなイベントができないなか、メモ魔塾全体を巻き込んだ初めてのオンラインイベントです。企画や運営は全てメモ魔塾生が行い、開催。メモ魔塾内で活動している各グループ(部活・サークル・ゼミ)の、垣根を超えて盛り上がりを見せたイベントとなり、塾生同士のコミュニケーションが活発化しました。   オンラインイベント「メモ魔フェス」②オフラインイベント「メモ魔合宿」前田塾長、そして『メモの魔力』編集者である幻冬舎の箕輪厚介さんの「メモ魔合宿やろ!」の一言から生まれました。コロナ禍において、オフラインでのイベントが難しいなか、
◉感染症対策のノウハウ
◉オフラインイベントのオンライン配信のノウハウ
を蓄積することを目的に、「メモ魔合宿ver.0」を開催。メモ魔塾の活性化につながる知見を蓄えることができました。感染症対策を万全に行い開催したオフラインイベント「メモ魔合宿 ver.0」 
▼選べる3種のコース
メモ魔塾には塾生の目的に沿って、
・共通科(無料で参加できるコース)
・基礎科・特進科(有料で参加できるコース2種)
計3種のコースがあります。
(1)メモ魔塾「共通科」【目的:コミュニティ】
『メモの魔力』がコミュニティへの参加チケットとなる、無料のコースです。非公開Facebookグループに紐付く【コミュニティ活動】を軸にしています。前田塾長からの気軽な投稿が見えるのも、魅力の1つです。「気軽メモ」と題して前田塾長が実際に取ったメモを塾生限定で共有することもあり、塾長の日常を垣間見て思考のプロセスに触れることができます。
①「気軽メモ」の受信
前田塾長が自分向けに簡単に書き起こした、気軽なメモを投稿します。そこから類推をしたり、そのままのメモを見られるという価値があります。
前田塾長のメモ
②部・ゼミ・サークル活動
メモ魔塾内のグループには以下の3種類があります。
部…学習系以外のグループ(作詞作曲部など)
ゼミ…学習系のグループ(読書ゼミなど)
サークル…上記以外のグループ(子育てサークルなど)
塾生自らやりたいことを提案し、30名の賛同者を募ることで立ち上げることができます。現在(2021年5月時点)、22のグループがあり、ほぼ毎日何かしらのイベントが実施されています。複数の部・ゼミ・サークルで一緒にイベントを開催するということもあります。
メモ魔塾 部・ゼミ・サークル一覧 
(2)メモ魔塾「基礎科」【目的:インプット】 
月額980円の有料コースです。同時にメモ魔塾「共通科」にも参加が可能です。①「前田メモ」「ボイス日記」※メモ魔塾 基礎科・特進科会員が受けられる特典となります。前田塾長が日頃考えていることや、前田塾長が私生活や世の中のニュースなどから抽出した学びを基礎科会員限定のFacebookグループに投稿いたします。日中に投稿される簡易な「前田メモ」から塾生は仮説を立てたり、内容へ想像を膨らませたりします。「#ボイス日記」では、メモの補足を音声で投稿される場合があります。基礎科・特進科生しか聞けない「完全クローズド」なコンテンツです。
「ボイス日記」による前田塾長のリアルな気付きの共有
②「前田塾長集中講義」(主にオンライン)の受講権※メモ魔塾 基礎科・特進科塾生が受けられる特典となります。
前田塾長による約1時間の「前田塾長集中講義」を毎月1回受講することができます。日頃メモした気づきをまとめて塾生に伝えます。※さまざまなゲストをお招きして対談を行う可能性もあります。※ゲストによる代理講義になる場合もあります。
(3)メモ魔塾「特進科」【目的:アウトプット】月5,980円の有料コースです。
主に【アウトプット】を軸に、成長志向の高い日本一の集団を目指します。同時に「共通科」および、「基礎科」にも参加が可能です。
①特進科自習室への参加
特進科生全体が参加することができるカカオトークグループです。気軽なやりとりができ、時には前田塾長本人が参加してやりとりができる場合もあります。
②クラスへの加入
少人数に分かれて「クラス活動」を行います。①とは別に、クラス毎のカカオトークグループがあり、前田塾長から出されるクラス対抗課題(通称Mリーグ)に取り組みます。
③専科の活動
専科は共通科の部活・ゼミ・サークルに近しい組織ですが、より専門的に圧倒的成長を目指す継続的なチームです。現在、4つの専科が活動しています。(言葉専科、動画専科、DC専科、MP専科)
④プロジェクトの活動
前田塾長から塾生に対して、仕事(や案件や企画等)が依頼されることがあります。「共犯者として一緒につくっていきたい」「プロセスを共有したい」というのが前田塾長の想いです。あるゴール達成に向けた旗のもと所属できる、一時的なチーム。あくまで一時的なものであり、ゴールを達成した場合は解散予定です。原則、定性(言葉、文字)のみならず、定量(数値)目標が紐付きます。塾長から依頼されることもあれば、塾生自らが立ち上げる場合もあります。
(塾長からの依頼例)・前田裕二が経営しているSHOWROOM株式会社の事業に関するもの・その他、前田裕二が出演するメディア関連のもの(塾生自らが立ち上げた現在稼働中のプロジェクト)・メモ魔塾案内プロジェクト ・メモ魔グッズ制作プロジェクト・クラス管理プロジェクト  ・Mリーグ課題検討委員会・リアル談話室プロジェクト
⑤塾長・ボイス相談室への参加
前田塾長へ質問すると、音声で答えてもらえるカカオトークグループです。質疑応答のやりとりすることができ、音声による返答がくる場合もあります。
特進科構成イメージ 

▼前田裕二とは

<プロフィール>SHOWROOM株式会社代表取締役社長。1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行。11年からニューヨークに映り、北米の機関投資家を対象とするエクイエティーセールス業務に従事。幾千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。13年、DeNAに入社。仮装ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同年8月末にソニー・ミュージックエンターテイメントからの出資を受け、合弁会社化。著書「人生の勝算」はAmazonベストセラー1位を獲得。「メモの魔力」は2019年年間ベストセラービジネス書部門第1位を獲得(オリコン、トーハン、日販、TSUTAYA)、現在70万部達成(2021年5月時点)。
◉Twitterhttps://mobile.twitter.com/ugmd
◉Instagraminstagram.com/yujimd/
◉YouTube「前田裕二チャンネル」https://www.youtube.com/channel/UCnGuJlX0oZfRUY5pc0al8uQ/featured
▼入会方法 
当ページの「今すぐ参加する」もしくは「この特典を選ぶ」より入会する。
(注意事項)
・CAMPFIREアカウントの新規登録またはログインが必要です。
・混雑時などは、CAMPFIRE入会審査に2営業日ほどお時間をいただく場合がございます。
・メールが確認できない場合は、お手数ですがCAMPFIREメニュー内にあるメッセージ機能にてお問い合わせください。
・コース変更を希望する場合、当月中に手続きを行い、新コースへの入会は翌月からとなります。
(例:4月時点で基礎科に入会している状態で、特進科へのコース変更を希望する場合、4月中に基礎科の退会手続きを済ませ、5月に特進科に入会手続きを行う。)
・月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。当月分は日割り計算になりません。
②フォームでの申し込み・入会リクエスト送信
CAMPFIREから届くメール(タイトル:「【CAMPFIRE】参加完了のお知らせ」)にて、Facebookグループへの参加手順をご連絡いたします。
必要事項を記入後、フォームを送信すると、メモ魔塾 基礎科もしくは特進科のFacebookグループへの参加URLが画面上に表示されます。その画面より申請を行ってください。
a)基礎科を申し込んだ方は基礎科コースのみ参加申請
b)特進科を申し込んだ方は基礎科・特進科の両コースへ参加申請
※参加画面を消してしまうと参加URLが消えてしまうので、ご注意ください。
万が一削除してしまった場合は、メモ魔塾 管理人へお問い合わせください。
・フォーム入力後、Facebookグループ入会の承認まで1~5営業日お時間をいただくことがあります。ご了承ください。
・上記厳守いただけない場合には参加許可が出せない場合があります。
その際には個別FacebookメッセンジャーおよびCAMPFIREからのメールにてご案内をいたしますが、一定期間内に返信がない場合は強制退会とさせていただく場合がありますのでご注意ください。
・月途中で退会した場合、返金はありません。ご了承ください。・参加にあたり、Facebookアカウントが必要になります。
・Facebookアカウントが実名ではない、アカウントがアクティブではないと判断した場合、入会をお断りする場合があります。
またその際に返金等はございませんので、ご了承ください。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
・入会希望者が未成年である場合、法定代理人の同意を得てから申し込みを行ってください。
(禁止事項)
・メモ魔塾内で雇用契約の締結を目的として、求人情報または求職者情報を他ユーザーに提供する行為は行いません。また、メンバーによる同様の行為も禁止します。
・メモ魔塾内の情報については許可がある場合を除き、外部への公開は禁止します。
・誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為や、メモ魔塾運営の妨害行為と判断した場合、強制退会とさせていただきます。メモ魔塾 基礎科・特進科 申込フロー

 ▼決済について

・CAMPFIREコミュニティでのご参加に対応しているお支払い方法はクレジットカード、キャリア決済、PayPal決済、Apple Pay(★)のみになります。※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。ご使用可能なクレジットカードは下記のみです。 また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。○VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express
ご使用可能なキャリア決済は下記のみです。○auかんたん決済○ソフトバンクまとめて支払い○ワイモバイルまとめて支払いPayPal決済は銀行口座からのお支払いでも、振込手数料は無料です。※ご利用可能な銀行は、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行です。領収書の発行はできません。予めご承知ください。

▼下記ご留意ください

・メモ魔塾 共通科・基礎科・特進科はいずれもFacebookの非公開グループにて活動を行っております。 参加にあたり、Facebookアカウントが必要になります。
・Facebookアカウントが実名ではない、プロフィール写真がない、友達がいないなど、 アカウントがアクティブではないと判断した場合、入会をお断りする場合があります。 またその際に返金等はございませんので、ご了承ください。
・当コミュニティを利用して、雇用契約の締結を目的として、 求人情報または求職者情報を他ユーザーに提供する行為は行いません。 また、メンバーによる同様の行為も禁止とさせて頂きます。
・本サロン内の情報については許可がある場合を除き、外部への公開は禁止いたします。
・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、 その他サロン運営の妨げになると判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
・入会希望者が未成年である場合、法定代理人の同意を得てから申し込みを行ってください。

料金・プラン

【メモ魔塾 基礎科】◉月額費用:¥980◉特典:∟①毎月1時間程度のオンライン配信「集中講義」の受講前田裕二による1時間のオンライン配信を受講できます。ゲストをお呼びした対談形式であったり、前田裕二による講義形式のものだったり内容は様々ですが、基礎科会員限定での配信となります。※基本は前田裕二本人が出演いたします。※不定期開催に変更する可能性があります。予めご了承下さい。※前田裕二の都合が合わない場合は代わりに別の講師をお呼びすることもあります。∟②「#前田メモ」の受信基礎科FBグループに前田裕二から発信される投稿を閲覧することができます。(不定期)◉注意事項:特進科に入会いただく方は基礎科への入会も含まれておりますため、二重での入会にならないようにご注意ください。
980円/月
86名
【メモ魔塾 特進科】◉月額費用:¥5,980◉特典:∟①「特進科自習室」への参加特進科生全体が参加することができるカカオトークグループです。気軽なやりとりができ、時には塾長本人が参加してやりとりができる場合もあります。∟②クラスへの加入少人数に分かれて「クラス活動」を行います。①とは別に、クラス毎のカカオトークグループがあり、前田塾長から出されるクラス対抗課題(通称Mリーグ)に取り組みます。∟③専科の活動言葉・マーケティング・デザイン・動画など、各分野別に成長志向を持った塾生が集って行う、継続的な課外活動に参加できます。クラスを飛び越えて、ある共通の成長意識を目的に所属できる継続的なチームです。∟④プロジェクトの活動特進科において、クラスを飛び越えて、あるゴール達成に向けて組成される、一時的なチームです。∟⑤塾長が参加する毎月の定例イベント「特進科相談室」「特進科全体会議」への参加前田塾長と、質疑応答のやりとりすることができ、音声による返答がくる場合もあります。※「特進科相談室」「特進科全体会議」は、zoom開催のイベントとなります。◉注意事項:特進科に入会される場合、基礎科への入会も含まれています。そのため、二重での入会にならないようにご注意ください。クラスは基本的に自動的に割り振られますが、③専科の活動④プロジェクトの活動は任意となります。
5,980円/月
35名 (残り265名)

プロフィール

memomajyuku memomajyuku

メモ魔塾は前田裕二(SHOWROOM株式会社 代表取締役社長)の著書である「メモの魔力」のオンラインコミュニティーです。

ランキング一覧

おすすめのオンラインサロン・特集

人気の検索キーワード

デイリーランキング(参加人数順)