“栗村修のじてんしゃ村” メンバー専用オンラインコミュニティ

988円/月
参加人数63名
  • 過去7日間:+2名,
評判まだ評価がありません - 件
ランキング
“栗村修のじてんしゃ村” メンバー専用オンラインコミュニティ
自転車ロードレースの選手・監督・テレビ解説者・レース主催者などを経験してきた“自転車おじさん”こと栗村修がメンバー専用に発信するオンラインメディア。自転車の話題を中心に、健康、中年のライフスタイルなどを可能な限り平日毎日配信!メンバー専用のTwitter・音声配信・メルマガに加えて限定レース実況も?
OSAMU KURIMURAOSAMU KURIMURA

目次

口コミ・評判


このオンラインサロンの口コミは、まだありません。

サロン紹介

当オンラインコミュニティをはじめたきっかけ

2020年はコロナ禍により現在のメインの仕事である「レース主催者」や「テレビ解説」の仕事が軒並みキャンセルになるという恐怖感を味わいました。
多くの仕事が日雇い状態(長くても年雇い)である私自身の労働環境にも危機感を覚え、「自分のベースを持つ」ことの重要性を痛感したりもしました。安直ですが、自転車屋さんをはじめようかなと考えたこともあります…。
一方、私には達成したい夢があります。それはスポーツバイク界の更なる発展です。元々ツール・ド・フランスに憧れてこの世界に入ったこともあり、長いこと自転車ロードレースのメジャー化を目標としてきましたが、それらを叶えるためには、まずはスポーツバイクを安全に楽しめる環境の構築こそが不可欠であるという結論に達しています。
そして、自分自身が生き残って夢を追い続けるにはどうするべきかを考えた結果、長年続けてきた「情報発信」をベースとしたオンラインコミュニティにチャレンジすることとなりました。
また、年齢を重ねるごとに(立場の変化とともに)情報発信に対するリスク管理も必要になってきており、無料メディアと差別化を図ることで、表では言えないことをメンバーの皆さんと共有することが可能となるので、当コミュニティ内で有意義な意見交換なども行えたらなと考えています。

コミュニティの内容

・近年一般的になってきたオンラインコミュニティを利用して栗村修の生の声をお届け!
・こってりとしたサイクルロードレース情報を配信!
・スポーツバイク界が発展していくためのプランや問題点などを皆さんと共有!
・健康オタクである栗村修の秘伝のタレをご紹介!
・人生は50歳から、中年よ大志を抱け!

こんな方向け

・サイクルロードレースを語り合う仲間が欲しいひと
・自転車界の未来を一緒に考えたいとひと
・趣味としてスポーツバイクを楽しみたいひと
・なぜか栗村修が気になるひと
・アラフィフになっても新人扱いされている栗村修に同情しているひと
・中年になっても新人の様なフレッシュな見た目と肉体を維持したいひと

コミュニティメンバー特典

1.メンバー専用Twitterの観覧(いろいろなテーマについてつぶやきます。メンバー専用インターネットラジオの更新情報も掲載)
2.メンバー専用インターネットラジオ(stand.fm)の配信(自転車レースのヘッドラインニュースや、各種テーマについて深掘りしていきます!質問コーナーや、思い入れのあるレースについても不定期で実況するかも!?)
3.メンバー専用メールマガジンの配信(毎週火曜日配信、1週間のTweetピックアップ、1週間のインターネットラジオアーカイブ、オリジナルコラムほか)
※メルマガを配信いたしますのでご登録には「メールアドレス」が必要です。
※非公開Twitterの観覧、及び、リアルタイムでのインターネットラジオの視聴をご希望の方は、お申し込みの際に、必ず「備考欄」へ「Twitterのユーザー名および、@から始まるアカウント名」をご記入いただき、栗村修のじてんしゃ村 専用Twitterアカウント(https://twitter.com/chouxcreamra)のフォローをお願いいたします。3営業日以内にフォロー承認いたします。

栗村修のじてんしゃ村 村長挨拶

わたくし栗村はまもなく49歳となります。
改めてこれまでの自分自身と自転車との関わりを振り返ってみます。
________________
選手時代(1987〜2001)
選手としての夢はツール・ド・フランスに出場すること。
テレビでツール・ド・フランスを初めて観たのが13歳のとき。
瞬間的にこのスポーツの虜になり、16歳で高校を辞めて17歳で渡仏。
26歳でプロになったものの大成できずに29歳で引退。
日本と本場の「自転車文化の差」を強く感じ続けた選手時代でした。
________________
監督時代(2002〜2013)
監督としての夢は国内リーグを創ること。
30歳から監督をはじめ12年間で3チームを率いる。
選手時代に感じた本場との差を埋めるべく実業団チームを率いながら国内のレース文化の発展を目指す。
選手引退直前からはじめたテレビ解説者の仕事も精力的にこなし、内外の自転車ロードレースの情報発信を続ける。
________________
レース主催者(2014〜現在)
レース主催者になってからの夢は、監督時代からの目標であるリーグ創設と、国内レース界の統一及び自転車レースのマネタイズ化。
チーム単体でできる発展への取り組みに限界を感じて42歳から国内最大規模のUCIレース主催者の仕事に就く。44歳で同レースの大会ディレクターに就任。
様々なチャレンジを続けて一定の成果は挙げるものの、同時に自転車レースの構造的欠陥や限界にも直面し、ここ数年は現状維持にリソースを費やす状態が続く。
________________
連盟関係者(2018〜現在)
若干の迷いを感じながらも「連盟」に到達。
46歳からいくつかの競技団体の理事に就任(自転車競技団体の理事というのはすべて無報酬)したものの、選手・監督時代に抱いていた夢やビジョンが、現実という名の重石に押し潰されそうな日々を過ごしている。
目の前にあることの多くは将来のビジョンを描くこととはほど遠く、組織運営そのものや人間関係の調整などに多くのエネルギーを費やすことになってしまっている。
内部から変えるのか?外部から変えるのか?その答えはまだ見えていない。
________________
ツール・ド・フランス
気がつけば、自転車界に入って33年の歳月が経とうとしています。
そして、私自身の原点はやはり「ツール・ド・フランス」。
いまでも「ツール・ド・フランス」の季節になるとワクワクする自分がいます。
選手としても監督しても「ツール・ド・フランス」に到達できませんでしたが、せめてこれから迎える50代の間に、日本の若者が「ツール・ド・フランス」へ挑戦できる国内のスポーツバイク環境を構築したいと考えています。
________________
自分にやれること
いま栗村が考えている「自分にやれること」は以下の3項目です。
1.各種情報発信の継続や将来ビジョンの提案
2.国内自転車ロードレース界の再編(壊すのではなくて今あるものの整理)
3.子供たちとおじさんおばさんが自転車を楽しめる環境づくり
________________
これから
若い時というのは、想いと勢いだけで生きることができましたが、歳をとると健康面や仕事の進め方などもある程度意識していく過ごしていく必要が生じます。
まずは60歳までに理想の形をつくること。
そのためにある程度自分の強みに特化して上記「3項目」に取り組んでいきます。
そして「自転車の100年後」を考え「スポーツバイクの可能性」を追求していきたいと思います。
また、私と同世代である「団塊ジュニア」の皆さんが、残りの時間を諦めて生きるのではなく、それぞれが自分なりに心身ともに輝いて生きていける様な提案も行っていきたいと思っています。
はじめての取り組みなので、最初は未熟なこともあるかもしれませんが、自分自身と皆さんの人生に自転車を通じた輝きを提供できるように楽しみながら活動していく所存です。
どうぞ宜しくお願いいたします!
2020年11月1日「栗村修のじてんしゃ村」村長 栗村修

________________

Profile

栗村修1971年 神奈川県生まれ中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でテレビ解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引き込む。現在は国際自転車ロードレースの大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。
Twitter(メンバー専用):https://twitter.com/chouxcreamrastand.fm(メンバー専用):https://stand.fm/channels/5f8fe35c37dc4cc7e14f06afOfficial Web Site:https://www.mavisports.com/Twitter:https://twitter.com/osamukurimuraYouTube:https://www.youtube.com/c/osamukurimuraInstagram:https://www.instagram.com/osamukurimura
________________
▼参加方法
・当ページの「今すぐ参加する」ボタンから参加することができます。なお月の途中で参加した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。※当月分は日割り計算になりません。月途中で退会した場合も返金はありません。予めご了承お願いいたします。
・参加申請後、CAMPFIREから自動送信されるメール(タイトル:【CAMPFIRE】支援完了のお知らせ」)内にて、各特典グループ設定への参加手順をご連絡します。
※予め【@camp-fire.jp】のドメインからメールを受信できるように設定をお願いいたします。
※混雑の際、各特典グループへの入室審査に4営業日ほどお時間をいただく場合がございます。
・CAMPFIREコミュニティの月々のご支援はクレジットカード、キャリア決済、PayPal決済のみになります。 (※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。)
ご使用可能なクレジットカードは下記のみとなります。※有効期限の残りが100日以上のクレジットカードに限らせていただきますので、予めご確認ください。
 VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express
ご使用可能なキャリア決済は下記のみとなります。
 auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い
PayPal決済は銀行口座からのお支払いも振込手数料は無料です。
・領収書の発行は出来ませんので、予めご了承お願いいたします。
・CAMPFIREの決済や入退会に関しましてはCAMPFIREのヘルプページをご覧ください。
   https://help.camp-fire.jp/hc/ja
▼注意事項(必ず目をお通しください)
・当オンラインコミュニティはTwitterの非公開グループにて活動を行っております。参加にあたり、Twitterアカウントが必要となります。また、音声配信のプラットフォームとしてstand.fmを使用しております。
Twitter: https://twitter.com/chouxcreamrastand.fm: https://stand.fm/channels/5f8fe35c37dc4cc7e14f06af
・会員限定公開のTwitterアカウント、stand.fmからの音声配信、メールマガジンの内容については、許可された場合を除き、SNS全般等からの外部への口外は禁止いたします。万が一違反があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、コミュニティ運営の妨げになると判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・決済後のご返金やキャンセルは一切できかねますので、予めご了承お願いいたします。
・ご入会後、Twitterアカウントフォロー解除、stand.fmアカウントフォロー解除、メールマガジンの購読解除をしただけでは解約になりません。必ずCAMPFIREサイトでの解約手続きをお願いいたします。詳しくは下記をご覧ください。
   https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/229489627
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
   https://camp-fire.jp/term

料金・プラン

1.メンバー専用Twitterの観覧
(いろいろなテーマについてつぶやきます。メンバー専用インターネットラジオの更新情報も掲載)

2.メンバー専用インターネットラジオの配信
(自転車レースのヘッドラインニュースや、各種テーマについて深掘りしていきます!質問コーナーや、思い入れのあるレースについても不定期で実況するかも!?)

3.メンバー専用メルマガの配信
(毎週火曜日配信、1週間のTweetピックアップ、インターネットラジオアーカイブ、オリジナルコラムほか)

※メルマガを配信いたしますのでご登録には「メールアドレス」が必要です。

※非公開Twitterの観覧、及び、リアルタイムでのインターネットラジオの視聴をご希望の方は、お申し込みの際に、必ず「備考欄」へ「Twitterのユーザー名および、@から始まるアカウント名」をご記入ください。栗村修のじてんしゃ村 専用Twitterアカウント(@chouxcreamra)よりフォローいたします。
988円/月
63名

プロフィール

OSAMU KURIMURA OSAMU KURIMURA

1971年 神奈川県生まれ
<br>中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でテレビ解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引き込む。現在は国際自転車ロードレースの大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

ランキング一覧

おすすめのオンラインサロン・特集

サロン掲載依頼はコチラ(無料)

人気の検索キーワード

デイリーランキング(参加人数順)