令和の志士たちが集う現代の私塾 オンラインサロン田端大学

9,800〜200,000円/月
参加人数175名 (残り16名)
  • 過去7日間:-19名,
  • 過去30日間:-11名
評判まだ評価がありません - 件
ランキング
令和の志士たちが集う現代の私塾 オンラインサロン田端大学
ブランド人とは?「〇〇と言えば」の認知で常に白羽の矢が立ち、実力が伴うプロ人材の事。認知だけがブランド人ではない。大事なのは名乗りをあげ、塾長・田端を踏み台に常在戦場なビジネスでいかに結果を出すか。仲間を見つけ、影響を与え続けてのブランド人。コロナ以降の生き残り戦略をゼミスタイルで提供するサロン。
tabbatatabbata

関連カテゴリ
関連キーワード

目次

口コミ・評判


このオンラインサロンの口コミは、まだありません。

サロン紹介

【新規加入者限定】

ただいま入学の方、希望者全員に田端が45分間のZOOM面談を実施します。キャリア相談から、自分のビジネスのPR術まで何でもご相談ください!

====

SNSが隆盛し、リモートワークが基本になる。つまりコミュニケーションがすべてオンラインになる。ここで何が起こるか、きみは想像したことがあるだろうか?
「弱者と強者の格差が更に開く時代」が来る。
何も意地悪で言っているのではない。紛れもない事実だ。
弱い人間は代替可能となり、会社員やフリーランスであっても、ポジションを獲得する為に社内政治、業界内政治も含めたマネジメント・スキルは必須となる。しかも従来型のオフラインコミュニケーションは通用しない。つまりオンラインでの存在感が、プロのビジネスパーソンとしての、すべての基盤となるのだ。
もちろんブランド人になることは、生き残り、人生を楽しむための為の手段でしかない。己を見つめ、磨き直し、表現を模索する旅の中で、徐々にブランド人となっていく。ブランド人を目的としてはいけない。
自身の目標に邁進し、日々、修練する事こそがブランド人への道なのである。
田端大学の門戸を叩いた学生諸君には、この厳しい時代に相応しい強く、頼もしい人物になって欲しい。田端大学の仲間と切磋琢磨し、研鑽し合い、ブランド人として羽ばたく。
それこそが塾長・田端の目指す令和の時代にふさわしい私塾の姿なのだ。
<こんな方におすすめ>
>田端信太郎の視点や知見を盗み取り、踏み台にして世に羽ばたきたい方>目的意識が明確で、自身のブランド定義と発信力を磨きたい方>ビジネスに必要な読解力、プレゼンテーション力を磨きたい方>切磋琢磨できる仲間やビジネスパートナーを見つけたい方>会社の方向性や広報・マーケティングでお悩みの経営者(法人プラン)
【オンラインサロン田端大学とは】
田端大学が目指すのは、「個人としてのブランド構築」
ブランド構築に向けてアウトプットする者、活動する者に対してはサポートする環境を。
が、一方で、何も活動をしないものに対しての救いの手は差し伸べられません。
教育は与えられるもの、という受け身では、田端大学から得られる物は何もないでしょう。
魚そのものを与えられるのを期待する甘っちょろい人間は田端大学に要りません。
魚の釣り方を教わり、考え、釣りたい魚(獲物)は自分の意思で決める。いきなりは釣れなくても、その邁進するプロセス自体に本当の価値があります。
田端信太郎の考え方、ビジネス的な世界観を、日頃のコミュニケーションや課題図書を通して提供され、そのインプットを、メンバー自身の経験や立場で変換し、他人の目に触れられるように、アウトプットすることが、田端大学で求められている最低限の態度です。
アウトプットすることで、沢山の恥をかき、多くの反論に晒されるほど、ビジネスパーソンとしての能力は高まり、自分のブランド構築に近づけていけるはず。
能力を伸ばしたいという意思があり、行動も伴っている人間には最高の環境。田端信太郎ほど高く遠くへ跳ばせてくれる踏み台は、なかなか無いはずです。
2019年6月14日放送のAbemaPrimeにて「田端大学」特集されました。その内容を紹介する記事がコチラです。
「誰もあなたに興味ないの!」マジレスだらけのオンラインサロン『田端大学』立ち上げ1年を経てZOZO田端信太郎氏が考えていること - AbemaTIMEShttps://abematimes.com/posts/7006798
第三者からの目線で、田端大学の活動内容を知るために、有用な記事ですので、参加を考えている方は、ぜひ上記の記事を御覧ください。
■塾長 田端信太郎 挨拶:
時代はますます「個人」の時代を迎えつつあります。
ビジネスパーソンは、「個」としての魅力、突破力、キャラクターを強烈に磨き込まない限り、ただのコモディティ人材として使い捨てられ、プロフェッショナルとしても、一生活者としても、充実した人生を送りにくい時代環境になりつつあるのではないでしょうか?
150年前に「武士の時代」が終わったように、今や滅私奉公型の「サラリーマンの時代」も終わりを迎えつつあると田端信太郎は考えました。
そんな新時代のブランド人に相応しいマインド、スキル、人間性を醸成するために、会社の枠を超えた、メンターシップ。師弟関係と同士とのコミュニティが必要になるであろうと考えて、こちらのサロンを開きます。
このAI時代に、単なる形式的な知識はコモディティですが、自分が信じぬける勇気と確信そして師匠と同志との連帯にはプライスレスな価値が宿ります。
田端信太郎は、なにも普遍的な解を知っているわけではありません。
しかし、私と一緒に、それぞれの正解を探し出そうとする、旅の中にこそ本当の自己変革と自己実現があるだろうと思っています。
己の名前をブランドの域にまで高めようという志のあるビジネスパーソン諸君の参画をお待ちしております。
■提供コンテンツ:
田端大学メンバー限定のFacebookグループが基本的なやりとりの中心となっています。さらには簡単なコミュニケーションの場所としてメンバー限定のLINEオープンチャットも存在します。
塾長田端がニュースを読んでの気づきや、クローズドなコミュニティだから話せる意見などが日々、Facebookグループに投稿。クリティカルな時事ネタは週イチの定例Zoomで独自の視点や時代の切り取り方を解説。
これらを読んでいるだけでも、田端信太郎の考え方を知ることができる他、サロンメンバーの有益なアウトプットがサロン生の学習意欲を促進します。
入学名物の自己紹介マジレス添削もこちらで行われます。
<各週の参考コンテンツ>■毎月1週目:外部ゲストと田端のビデオ対談&質問会
■毎月2週目:「塾生発表会」〜活躍している注目メンバーや月間MVP受賞者得意分野についてテーマプレゼン講義。田端が聞き手役となり後半は対談へ(内容は、田端大学公式メディア「BIGWAVE」へ抜粋されて掲載)
■毎月3週目:塾長への「なんでも」質問会 or 2人目の塾生発表会
■毎月4週目:課題図書を軸にした月間MVP選出の定例会(不定期で課題図書の著者がゲスト出演する場合もあり)
上記のラインナップ以外にも、提案や立候補により随時コンテンツ化。塾生の意見で田端大学をUPDATEしていきます。
組織マネジメントやリーダーシップ・BtoBマーケティングから、時代の流れを読むような本までを選書。塾長キュレーションの課題図書を塾生でプレゼンテーションします。メンバーそれぞれの専門性や知見を生かした本の解釈や解説、プレゼンターに自分ごと化され、具体例の落とし込み方も学びとして得られます。
これまでに取り上げてきた課題図書は、
■「売れるもマーケ、当たるもマーケ」■「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう :ストレングスファインダー」■「ハイアウトプットマネージメント」■「ハーバード・ビジネス・スクールではなぜ営業を教えないか」■弁護士ドラマ「SUITS」■「週4時間だけ働く」
プレゼンテーター選出は狭き門。事前に課題を提出し、原則として田端信太郎による審査で選ばれます(Twitter投稿し、いいね数で競うなど、客観的な指標を用いることもあります)
<過去登壇ゲスト例>
課題図書プレゼンのテーマにあわせて豪華ゲストを呼ぶ会も。著者本人や各ジャンルの専門的な視点を、塾長田端が引き出します。ZoomのQ&A機能で気軽に質問も可能。
どんどんコメントしてゲストを使い倒しましょう。
<プレゼントーナメントMVP>
定例会当日のプレゼンテーションで、最も優秀な方が、その月のMVPとして表彰。
地方在住の方や、定例会当日に参加が難しい方に向けて、定例会の模様はリアルタイムオンライン配信されます。また、後日視聴することも可能です。(過去開催の動画もアーカイブにて視聴可能)
6ヶ月以上、田端大学で学んでいる方を対象に、田端塾長との1on1ミーティングの権利が得られます。
田端塾長の45分をたった一人で独占でき、込み入った個人の活動や課題にマジレスももらえる機会となっています。
■参加者の声==========
純国産めがねブランド Onimegane 代表 ONAGA Kumioさん
田端大学は会社肩書関係なく入ったら自由に発言できます。そしてここには、大変フラットな人材がたくさんいます。課題を出す、noteを書く、定例で発表する…
自分をアピールすればするほど、そういう「自分の価値を見つけてくれる」人に出会うことができます。これって究極の「自分探し」なんじゃないかなと思っています。
もちろんみんなシビアなので、自分が「つまらない人間だった」と感じてしまう瞬間もあります。僕もあります。生ぬるくはないですが、田端大学の価値って、ひとつはそう言うところにあるのかな?なんて思っています。
https://twitter.com/KumioOnaga
http://www.onimegane.jp/
外資系 IT会社勤務 宇山 裕さん
外資に転職するにあたって、ビジネスの基礎体力の向上・社外の研鑽の場として田端大学に入りました。「戦争広告代理店」や「V字回復の経営」など選書テーマとプレゼンのレベルの高さで、ビジネス戦闘力高い方々に惹かれたのが主な理由です。
田端さんの「上司はお客様」という言葉は実務でも意識が明確に変わる転機となりました。自分の数字を出すのは大前提。周りへの影響、会社への影響、グローバルへの影響など、
プレセンスの在り方、機会創出の仕方など、すごく学びになっています。
https://twitter.com/uyamayutaka
https://note.com/i689i828
抹茶家 / 千休CEO なまっちゃさん
田端大学に入ったのは、会社を立ち上げたばかりのころ。一人で頑張っていたときに「他の人との関わりや勉強し合える仲間がほしい」と思って入りました。最初は、年上の方ばかりで怖いと思っていたのですが、話してみると面白くて優しい方ばかり。月一回の定例会では、クオリティの高いプレゼンと議論で多くのことを学ぶことができます。
ビジネス的にも、そして人としても成長できる場なので、入ってよかったと思っています。
いい意味で「意識高い人が集まっている」サロンです。
https://twitter.com/namatcha_
https://thankyou-cha.com/
メルカリ/ India Blogger Kayoreenaさん
私が田端大学で一番好きなイベントは月に1度のMVP決定戦。出されたお題に対して最も優れた論旨を展開できた人が毎月一人選ばれます。お題はビジネス、交渉、投資、人事など多岐にわたり、ビジネスマンなら必ず押さえておきたいテーマばかり。誰もが個性を認められるこういう時代だからこそ、はっきり順位をつけるガチ試合で、本気で戦える環境が私は好きです。
はっきり言って内輪のイベントですし、MVP獲っても何もないのですが(笑)
それなりのメンバーが集まる中から、運も含めた実力勝負で勝ち抜くのはそんなに簡単ではありません。
本番のビジネスで勝ちたいのなら、まずは田端塾長からMVPを勝ち取る体力はつけておきたいところ。そんな貴方のビジネス総合力が試される月に一回のガチバトル「MVP決定戦」に、ぜひ参加してみてください!
https://twitter.com/kayoreena1021
https://kayoreena920.com/
KayoreenaのIndia Channel
■各方面で活躍する田端大学サロン生紹介:
オンラインサロン田端大学に参加し、自身の本業を積極的に活動する塾生をご紹介注目の塾生は、田端大学オウンドメディア「BIGWAVE」に掲載されます。サロンで得た知見や発信力で、活動にインパクトを与えよう。
<初台 ピラティススタジオSTUDIO es 関清香さん>
<提供サービス>
関清香オンラインピラティス道場
<関連リンク>
https://twitter.com/studioes731
https://www.instagram.com/studioes731/
関清香/せきさやか
<山西牧場 倉持信宏さん>
<提供サービス>
クラフトポークブランド“3 é mon”
<関連リンク>
https://twitter.com/yamanishifarm
https://note.com/nobuymnsfarm
https://yamanishifarm.com/
■最後に、塾長田端よりメッセージ:
人間が志を持ち動き出せるかどうかは、環境によって左右されます。やらないのは、存在しないのと同じ。最後の一歩を踏み出す力にかかっています。恐怖心に打ち勝ち続ける力を身につける。自分の行動を振り返り、血肉に変える為の仲間と環境こそ人生の財産になります。皆さんの入塾を、お待ちしております。
<よくある質問>
Q:塾生の男女比はどれくらいですか?
A:男性8割、女性2割ほどの比率になります。
Q:大学生ですが参加できますか?
A:はい、目的意識のある学生さんでしたら大歓迎です!
Q:地方なのですが参加できますか?
A:Zoomにてオンライン参加可能です。過去アーカイブもご覧いただけます。
Q:海外在住でも参加したいです。課題図書は手に入りますか?
A:もちろん歓迎いたします!課題図書はなるべくKindleで購入できるよう選書しております。
==============特商と免責=====================
▼入会方法
・当ページの「パトロンになる」ボタンから入会することができます。なお月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)・入会申請後、CAMPFIREから自動送信されるメール(タイトル:「【CAMPFIRE】支援完了のお知らせ」)内にて、Facebookグループへの参加手順をご連絡します。数時間待ってもメールが来ない場合は、お手数ですがCAMPFIREのメッセージ機能にてお問い合わせください。※混雑時などは、入会審査に3営業日ほどお時間をいただく場合がございます。
・途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。
▼決済について
・CAMPFIREコミュニティの月々のご支援はクレジットカード、キャリア決済、PayPal決済のみになります。※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。
ご使用可能なクレジットカードは下記のみです。また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。○VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Express
ご使用可能なキャリア決済は下記のみです。○auかんたん決済○ソフトバンクまとめて支払い○ワイモバイルまとめて支払い
PayPal決済は銀行口座からのお支払いでも、振込手数料は無料です。※ご利用可能な銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行・埼玉りそな銀行です。ペイパルについて
・領収書の発行は行っておりませんので、ご了承ください。
▼注意事項
・本ファンクラブ内の情報や、オーナーが発信する内容について、外部へ漏洩することを禁止致します。(口外、SNSなど)
・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。https://camp-fire.jp/pages/term

料金・プラン

・月会費 9,800円 1名

<オンライン>
・Facebook非公開グループやLINEグループでの交流
・交流会を中継し遠隔参加可能
・メンバー限定生放送(アーカイブもご覧いただけます)

<オフライン>
・毎月1回開催される定例会への参加権利
・不定期で開催されるビデオストリーミング質問会
・6ヶ月継続ごとに 田端と1:1での相談コンサル1時間の権利発生(ビデオ会議)

▼注意事項
・本ファンクラブ内の情報や、オーナーが発信する内容について、外部へ漏洩することを禁止致します。(口外、SNSなど)

・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。
9,800円/月
90名 (残り10名)
・月会費 9,800円 1名

●2020年3月末までに参加の方は、「これからの会社員の教科書」田端塾長サイン付き1冊プレゼント!!

<オンライン>
・Facebook非公開グループやSlackグループでの交流
・交流会を中継し遠隔参加可能
・メンバー限定生放送(アーカイブもご覧いただけます)

<オフライン>
・毎月1回開催される定例会への参加権利
・不定期で開催されるビデオストリーミング質問会
・6ヶ月継続ごとに 田端と1:1での相談コンサル1時間の権利発生(ビデオ会議)

▼注意事項
・本ファンクラブ内の情報や、オーナーが発信する内容について、外部へ漏洩することを禁止致します。(口外、SNSなど)

・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。閉じる
9,800円/月
45名 (残り5名)
【ベンチャー社長&新規メディア編集長向けプラン】
■ 塾長 田端とのビデオ面談を毎月1時間
■ 田端大学の学生が参加するブレスト(GTI)へお題を投稿する権利(3ヶ月に1度)
■ 月1回程度の田端砲ツイートによる貴社案件のソーシャル拡散(ツイートでの表現内容は田端に編集権は属します。)

※公序良俗・法令に反する場合、株式会社ZOZOとの競合に当たるような利害相反のある場合、契約解除
※原則、請求書払い及び領収書発行は対応しておりません。

▼注意事項 ・本ファンクラブ内の情報や、オーナーが発信する内容について、外部へ漏洩することを禁止致します。(口外、SNSなど) ・他の利用者への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、強制退会とさせていただく場合があります。閉じる
200,000円/月
4名 (残り1名)

プロフィール

tabbata tabbata

戦略論から下ネタまで。ファッションECモール「ZOZOTOWN」やPB「ZOZO」を展開する株式会社スタートトゥデイのコミュニケーションデザイン室長です。
<br>
<br>

ランキング一覧

おすすめのオンラインサロン・特集

サロン掲載依頼はコチラ(無料)

人気の検索キーワード

デイリーランキング(参加人数順)